健康診断の検査内容まとめ

健康診断の検査内容まとめ

健康診断ではどのような検査内容があるのかというと、それは目的によって異なります。一般的な健康診断では既往症や服薬の確認をしてから、なにか自覚症状が起こっていないかを確認します。その後に身長、体重、腹囲を計測し、場合によっては視力や聴力の検査も行います。
そして採血と採尿をして身体の各臓器の働きを調べ、胸部X線検査や心電図検査を行って肺や心臓の働きもチェックしていきます。
特に最近は生活習慣病、いわゆるメタボリックシンドロームの予防・改善が推奨されているため、血中コレステロールや血圧、腹囲のサイズに注目されることが多いでしょう。
他にもがんや肝炎など専門的な病気を調べるために検査内容を追加していくケースもあります。一般企業に勤めていれば健康診断を定期的に受けて健康維持に努めることが出来ますが、自営業者やその家族、アルバイトやパートタイマーなどは会社で受ける機会がないため、自ら積極的に自治体が主催する健康診断を利用して健康維持や病気の早期発見に努めましょう。

健康診断の内容と義務について

健康診断の内容は会社によって少しずつ違うのが一般的ですが、安全衛生法という法律に定められている実施を義務付けられた検査項目というのははっきりと決まっています。それは身長や体重の様な身体計測の他、視力や聴力などが行われます。生理学的な指標としては血圧や心電図、血液検査として肝機能や脂質や糖代謝の検査なども実施されています。そして胸部X線撮影が行われるのが一般的な定期健康診断の検査項目です。
これよりも少ないという場合には、年齢がまだ若いという理由により、一部検査項目が免除されている可能性があります。また特殊な業務を行う場合には特殊な検査項目が入ることもありますが、一般的には前述したような内容の健康診断が最低でも年度の一回は実施されるということになるでしょう。この検査内容は労災の発生を予防数r目的で構築されている物ですので様々な病気の早期発見を行うためには不十分であると言えます。そのため会社によって検査項目を増やす対応をしているのです。

 

健康診断をお得に予約するならマーソ(MRSO)!