健康診断で異常が見つかった場合

健康診断で異常が見つかった場合

勤めている会社などでの定期的な健康診断や、市で行っている健康診断で、病気の兆候が見つかることも少なくありません。一般的な健康診断としては、身長や体重測定、血圧、聴力検査、視力検査、尿検査、肺レントゲン検査、血液検査などがあります。年齢に応じ、心電図検査や眼底検査などもあります。希望に応じ、乳癌や子宮頸癌などの癌検査も受けることができます。もしこれらの健康診断で異常が見つかった際には、すぐにその結果用紙を持ち、病院受診をし精密検査など行い、調べてもらうことをお勧め致します。必要があれば、そのまま治療を開始した方が良いですし、重度な病気であれば手術に踏み切る場合もあります。どうしても自覚症状などがない場合などは、検査結果が悪くても、そのまま放置されがちですが、さらに病気を悪化させてしまったり、治るものも治らなくなってしまう可能性もありますし、命に直結する病気の可能性もあります。やはり早期発見し早期治療が1番ですので、結果で異常が出た際は、すぐに病院受診して下さい。

健康診断を受ける時の注意ポイント

健康管理のためにも、会社などで、健康診断を1年に1度受けることは大切なことです。検査を受けるときには、注意点を守るようにしましょう。健康診断の検査時間に合わせて、朝ごはんを抜いたり、指示が出ることがあるので、その場合は朝は食べないでおきます。検査の時間が午後からの場合、昼ごはんも抜く支持が、ある場合もあります。食事制限を守ることが、正しい結果を出すポイントとなります。うっかり食事を取ってしまい、そのまま健康診断受けた場合、正しいい検査結果にならない事があります。 例えば胃の検査で、胃カメラがあった時などは、何もないはずの胃に、異物があることになります。胃カメラで、食べ物を嘔吐するかもしれません。血液検査にしても、数値が変わってきてしまいます。健康診断を受けるときには、注意事項を確認して、前日から安静に過ごすことです。食事に関しての注意事項も、必ず守るようにしましょう。自分の検査が始まる時間から、最後の食事をとっていい時間を計算すると良いです。